2017年05月21日

火曜日に久々に本庄特盛り走行会に行きます。

ドリフトクラスです。


その為のタイヤを準備中。

相変わらずのチャレンジのTさん Nさんと
3名です。

最近、不思議に思う事。
チャレンジクラブの仲間内でも
広場レッスンが盛んです。

関スポがなくなってからは
筑波のジムカーナ場に行く人が多いです。

でも、今回の様なコースドリフトに誘うと誰も新しい人は来ません。
いつもの3人だけです。

何故だろう?

広場レッスンってクラッシュする事がないのでシュミレーターに似ています。

シュミレーターの最大の弱点は、恐怖心がないという事です。

でも、クラッシュパッドやガードレールがないサーキットは、現実には存在しません。

バーチャルの世界でいくら上手くても恐怖心を克服出来ないと現実の世界は走れません。

ドリフト始める人にはいつも言っています。
とりあえずはやくコースに出ろと、、、、

広場に慣れれば慣れるほど不思議とコースには出れなくなります。


新しい参加者が現れるのをジジイ3人で心待ちにしていますよーー

空きがあれば当日参加も可能です。




w124300temb at 22:06日記 

2017年05月17日



お客さんで930ターボに乗られている方の依頼でBMW  92 M3  の車検です。

92  M3も販売から10年近くになるのですね〜

新車の試乗車乗ったことがあるのですが恐ろしく速かったですね。


このM3  走行距離が結構いっているのでチェックの為試乗していると
いきなりエンジンチェックランプ点灯。

インフォモニターは、ディラーで点検して下さい。だって


新しく導入したテスターマキシスで診断。

空冷ポルシェばっかりなので普段ほとんど使いませんが、、、、
今時の車の整備には欠かせない存在です。
しかもこいつポルシェ  BMW  ベンツ
ランボ  フェラーリ  国産車  
軽自動車まで使える優れものです。


実は、この車エラーがいっぱい入っていて一度全てリセットして走らせると本当のエラーが出ました。


原因は、こいつ。

1番シリンダーのイグニッションコイルがお亡くなりです。

だから思ったより速くなかったのね。


2007年以降の車は、テスターが無ければ何も出来ない車が多いです。

特にパーツ交換の為のパーツ認証が必要な場合がほとんど

メカニックは、整備士というよりは電気屋見たいです。

つい先日も、ウチのお客さんはカイエンのヘッドライトでえらい目に合いました。

ウチのカイエンは、2006年モデルで良かった。と思います。





w124300temb at 20:42BMWオーテルマキシス 

2017年05月12日



930ターボのLINKフルコン
色々試しています。

今回は、ツインプレートクラッチなので
60山タイプ。

ノーマルのセンサーは、
ディスビ内蔵のこのタイプ。
このタイプだと 930ターボはいいが
964ターボだと問題ありそうです。


964ターボエンジンの下処理。




996cup  MT  OH

cupのMTは、いつ見てもよく出来てます。
普通のGTー3とは、ギヤ比だけではなく
色々な部分が違います。

こちらは、964カレラのファンハブ交換。



ベルトも新品にして

完了です。



w124300temb at 20:34ポルシェ964996cup 

2017年05月08日

連休は、木曜日以外仕事でしたので
今日は休みをとりました。


そして  FSWへ



天気もよく、富士山も綺麗です。



連休明けなので台数少な目です。



何年もこんな生活をしていると
混雑する休日にしかも、台数いっぱいの走行会に行くなどありえないと思えます。

自営業の特権です。


同じ様な方が、ロードスターで、、、、

川崎のポルシェ屋さんのYさんです。

考える事は、同じですね〜。

PITの方にも、ポルシェで顔見知りの方が多数。

やっぱ、富士はいいですね〜。



気温が高くなってもうタイムは期待出来ないと思ったのですが、
自己ベストは、更新。



油温は、5週全開で130度。

やっぱりこれからの時期は、厳しそうです。



さーて  明日からまた仕事です。




w124300temb at 19:49jzx90富士 

2017年05月05日



今日は、仕事です。

会社にはいませんが仕事です。

964カレラ  のダイナパックセッティングです。


今までかなりの安全マージンを取って走らせていましたが今回は、ダイナパックで本格的に煮詰めます。


ダイナパックは、今回もリードさんでお借りしました。
流石にポルシェのNAエンジンは、ロータリーよりもうるさいらしくかなりの大きめのサイレンサーを装着。

これでも最後には、お巡りさんが登場しました。
たぶんCUPカーだとアウトですねー。

ターボフェンダーの為  
超ワイドトレットスペーサーを着けて
やっとフェンダーに当たらないレベルです。


安全マージンの現状のデータでとりあえずパワー計測。

273ps   補正係数1.0なので
シャーシだと  308psぐらい。

まー悪くない数値ですが
ここから限界すれすれまで追い込みます。

空冷ポルシェは2バルブエンジン。
シングルカム
2バルブNAエンジンのリッター馬力の限界が
リッター80馬力と言われています。

ツインカム4バルブNAエンジンの様にリッター100は、まず無理です。

これは、燃料にガソリンを使った場合の限界数値です。

この 964は、3.8L  6スロ  フルチューン
LINKフルコン シーケンシャル噴射 ダイレクト点火です。
3.8Lの2バルブNAエンジンの場合
3800×0.8=  304PS

これが、理論上の限界数値です。

メーカースペシャルモデルの
964RS  3.8Lも   993RS  3.8Lも共に
メーカー公表馬力は、300psです。

世の中には、理論上の限界を超えた嘘800PSがいっぱいいるという事です。(笑)


結果。


305ps   ほぼぴったりの数値です。

シャーシだと  345ps相当。

車重 1100k台の車なので必要十分なパワーだと思います。

これで筑波のバックストレート
190km出ればなーと思います。

ちなみに、996cupで 筑波のバックストレート 190kmです。

後は、きちんと乗りこなせれば
かなりのタイムが期待できます。

頑張ってもらいましょう。




w124300temb at 20:33ポルシェ964ダイナパック 

2017年05月03日


LINKフルコンの配線を作製。

既存のハーネスkitではなく一からハーネスを作ります。





LINKはstorm  を使います。

空冷ポルシェには、ベストなパフォーマンスです。


こちらは、ノックセンサー。

空冷ポルシェは、930  930ターボ
964ターボ  までは純正でノックセンサーは付いていません。
964カレラ2  
ターボでは、993ターボで初めてノックセンサーが付きました。


LINKフルコンにする事で、
ノックリタード制御が出来ます。

930ターボを今風の車の制御にする事が可能です。

他のフルコンでももちろんノックリタード制御が出来る物がありますがその金額を比較した場合LINKがいかにコストパフォーマンスに優れているか?
解ると思います。


930ターボのフルコンは、作り物がいっぱいです。



ウエストゲートは、ノーマルが使い物にならずOHした物に交換です。

こいつが、ダメだとブーストが安定しないので、セッティング出来ません。





とりあえず、エンジン始動。


やっとここまできました。

連休は、明日は休み。
5日は、仕事ですが工場にはいません。

6日  7日は、出勤の予定です。




w124300temb at 22:01ポルシェ930ターボLink 

2017年04月29日



去年の年末からオールペンしていた964ターボが完成しました。



外装と内装のオールペンです。



この964ターボ。

エンジンフルOH。
LINKフルコン  
同時点火  シーケンシャル噴射。
ノックコントロール制御。
という現在の911と同じ制御方式の空冷ターボです。


今後は、この964ターボがウチの964ターボのチューニングメニューとしてはスタンダードになると思います。


内面も外面も綺麗になった964ターボ。
外装のオールペンは、GT300車両なども影で支える知り合いの鈑金屋さんで行いました。



可変マフラーでご近所の騒音問題もクリア出来る仕様になっています。


この車が今後の964ターボのスタンダードになると思えます。



w124300temb at 22:50ポルシェ964ターボ可変音量マフラー 

2017年04月25日



ハイエースのLSD  取り付け。

相変わらずのペースでやっています。


こちらは、S14のフロントブレーキOH

サーキット走行でダストブーツがボロボロです。



964ターボのオールペンが完了したので
こちらも最終チェック内装取り付け。


そして、今日は午後から本庄サーキットのドリフトフリー走行。


TさんのBMWと一緒に久々のドリフト。


パワーが上がった為、新品タイヤが10分も走らずにこんな状態。

本庄レベルだとどこからでもパワーで
持っていけるようになりました。

パワーがあるとドリフトは、楽ですね〜
でもタイヤ代が半端なくかかります。

連休は、定休日以外全て仕事です。

溜まっている仕事が全然終わりません。




w124300temb at 19:52本庄サーキット日記 

2017年04月23日



ポルシェ930  4速ターボ。

やっと、ツインプレート用の
スリーブが完成。


ワンオフなので色々時間がかかっています。

着けて確認しては無駄な部分を削っての繰り返しです。



なんとか、装着可能なレベルまできました。


この車は、ノーマルのディスビのセンサーを使うのではなくFWにセンサーを着けて使います。
理由は、ノーマルのディスビだとエンジン1サイクルで12山。
でもクランクから取れば964以降の車と同じ60山の欠歯2 の信号が取れます。

この方がフルコンの場合、
きめ細かな制御とゆくゆくの
同時点火まで可能となります。


こちらも、ツインプレートクラッチにすることの利点です。



エンジン搭載前に
フルコンにするのでいらないパーツを撤去。



燃料ホースはかなりの劣化が見られます。

切って中を確認すると中にまでひび割れが進んでいます。

930ターボは、30年選手がほとんどなので注意が必要です。




w124300temb at 19:11ポルシェ930ターボLink 

2017年04月21日

今日は、遊び車のクレスタ
jzx90 をダイナパックでセッティングです。



ダイナパックは、LEADさんでお借りしました。
社長さんとは、年代が近いので昔の86話などで盛り上がりました。
この業界、本当に狭いですね〜。


エンジンOH後  2300km。
おおまかなセッティングは、富士のストレートで終わっているので後は、
細かい部分の確認です。

ダイナパックをまともに使うのは初めてですが、めっちゃいいです。

シャーシダイナモとは、全然違います。

まずは、全回転域のチェックをしてパワー測定。


まずは、ブースト0.85k
ほぼノーマルブーストです。

ここでいきなり。

313ps    トルク  41.7kが出ました。

富士で散々データ採りしたので
燃調の狂いもほぼ無しです。

そしていよいよブーストUP。

まずは、ブースト1K。


327ps.   トルク  45.4k

ダイナの補正係数は1.00の設定ですので通常のシャーシダイナモに換算すると


327ps×1.15  =  376psです。


さすが国産最強の1JZエンジンです。


最後は、ブースト1.2K




なんとビックリの


352ps    トルク  48.7k


シャーシダイナモ換算だと


352ps×1.15=  404ps


なんと400ごえです。

これには、さすがにビックリです。


ノーマルエンジンとは思えません。

LINKフルコン  と適当に3個1で組んだエンジンが本当にいい仕事しています。




早く、ブースト1.2Kで富士に行きたいですね。


ノーマルブーストで4秒台だったのでかなり期待出来ます。


後は、本庄のドリフトもこれなら白煙モクモクで走れそうです。


楽しみですねー。




w124300temb at 19:44jzx90ダイナパック 
livedoor プロフィール
Archives
Google AdSense
人気ブログランキング
人気ブログランキング


ランキング広告ドットコム



ランキングに参加中です。 1日1回のクリックをお願いします。






メルマガ始めます!
『車、整備.com  スペシャルチューニング!』
(ID:0000180312)
このブログでは大事なことはメルマガでお話します。
ご購読は無料! でひ登録を!
メールアドレスを下記の登録ホームよりご登録ください。

登録フォーム







『まぐまぐ!』から発行しています。
ポルシェ特集!
ベンツ特集!
  • ライブドアブログ