2013年05月

2013年05月29日

黒メタ964ターボ

MTオイルシール 類交換。

画像1




ウエストゲートもOH。

画像1



画像1




予想通りガイドが ガタガタ。

これじゃ当然ブースト上がるよね。
ブーツは、交換してあるがガイドは、そのままという
車が本当に多い。
基本ノーマルなのに、やけに速いターボがありますが、これはウエストゲートが壊れている場合が多いです。



オーナーさんは、自分のターボは、調子がいいと思いがちですがその代償は、のちにエンジンブローとなってしまいます。

もともとノーマルでも精密に組まれたポルシェエンジン。
乗ってわかる程の個体差があるわけがない。

やけに調子がいいと思うのは
やけに調子が悪いのと同じぐらいのヤバイこと。

そう思った方がいい。


画像1




画像1




エンジン完成ですが、、

タービンがまだ来ない。

もう少しお待ちくださいね。


hirow124300temb at 22:17ポルシェ 

2013年05月28日

ポルシェ964ターボ。


ロールゲージ完成。


画像1



画像1



画像1



画像1



完璧な焼き曲げロールゲージです。




hirow124300temb at 21:11ポルシェ 

2013年05月25日

ポルシェ964ターボ


エンジン組みの続き。


画像1



エンジンohされて間もないので
ピストンリングなどは再使用。


画像1




画像1





ヘッド組み込み。



画像1




カムは、ノーマルから993スーパースポーツcamへ交換。


街乗りメインの人には、1番お勧めのカムです。



画像1




画像1



エンジン本体完成。


後は、パーツ待ちです。







hirow124300temb at 19:36ポルシェ 

2013年05月21日

964赤ターボ。


ロールゲージ作成中。


画像1




まもなく完成。


画像1


hirow124300temb at 20:44ポルシェ 

2013年05月20日

黒メタ 964ターボ


エンジン組み。


画像1



まずは、クランクのラッピングから。


画像1




オイルポンプも分解洗浄。



画像1



画像1





組み付け準備完了。



腰下は、シールGKの乾きが早いので一気に組みます。


こういう時に限って、、空気が読めない電話がかかってくるのですが
無視します。


画像1




画像1




腰下完成。


続いてヘッドの組み込み。



画像1




バルブすり合わせをしてヘッドも完成。



画像1







hirow124300temb at 20:39ポルシェ 

2013年05月17日

リベット号。

慣らしが終わり。

セッティングです。


慣らしは、ほぼ1週間ぐらいという脅威の早さ。


画像1




ある程度、セットアップを済ませてシャーシセッティング。


964 カレラ2 エンジン

エンジンOH スペシャルカム

BIGスロットル加工。 EMSフルコン。 仕様。



シャーシ結果。


画像1



318ps トルク 41k。


シングルスロットルの3.6Lエンジンとしては驚きの結果。


ちなみに、以前作った 993エンジン 6スロ 仕様との比較。



画像1



パワーで20ps トルクで7k 上回る結果。


パワー特性も ノーマル993エンジンは、まっすぐなパワー特性なのに対して
リベット号のエンジンは、カム交換らしいパワフルな立ち上がりです。


964エンジンベースでもきちんとエンジンを作れば
空冷最強と言われる993エンジンを余裕で上回れます。


画像1




サーキットが楽しみな車がまた、1台出来ました。




hirow124300temb at 22:08ポルシェ 

2013年05月09日

Aさん 964ターボ完成。



画像1




今回は、カムをCTRカムから 993スーパースポーツへ交換。

カムプロフィールからするとダウングレードの選択ですが、
オーナーさんの使用場所や地域的にはいい選択だといえます。


画像1




画像1




無事エンジン始動。


画像1



画像1



乗り易さと燃費を徹底的に詰めるセッティングをしたいと思います。




hirow124300temb at 20:55ポルシェ 

2013年05月05日

連休中は、仕事の為の仕事をしています。


前から作りたかった、アライメントを取るための
台を作成。


画像1



アライメントの基本は、とにかく水平が取れる事と、その状態のまま、下に潜って調整出来ること。



これが出来れば何も高価なアライメントテスターは、必要ありません。


水平さえ取れれば後は、糸とメジャーで十分です。


レース車両は、未だにこの方法がほとんどです。


画像1



とりあえず、台を作成。

何だかプライベーターになった気分です。。


画像1




とりあえず、仮に1個作成。


これと同じものを後3個。


画像1



画像1




画像1




鉄骨の切り出しが案外大変。


後は、精度も重要です。



画像1




画像1




4輪分。 錆止めの色を塗って完成。



画像1




使う場所での水平をとり。


4輪分の水平も取ります。


画像1




画像1




これで完璧な水平台の完成。



後は、車を載せて、アライメントを取れます。


ハンドルのセンター出しとブレーキは、専用工具で。


画像1




画像1




画像1




これでコーナーウエイトゲージが来れば更に完璧なアライメントが取れます。


今までは、アライメントは、外注でやってましたが
自社で出来るので、いろいろ研究してみたいね。



hirow124300temb at 19:01工具 
livedoor プロフィール
Archives
Google AdSense
人気ブログランキング
人気ブログランキング


ランキング広告ドットコム



ランキングに参加中です。 1日1回のクリックをお願いします。






メルマガ始めます!
『車、整備.com  スペシャルチューニング!』
(ID:0000180312)
このブログでは大事なことはメルマガでお話します。
ご購読は無料! でひ登録を!
メールアドレスを下記の登録ホームよりご登録ください。

登録フォーム







『まぐまぐ!』から発行しています。
ポルシェ特集!
ベンツ特集!
  • ライブドアブログ