2014年11月

2014年11月26日



ヘッド分解です。





シリンダー  の様子は、年式なりです。

EXもバルブシートは、シートリングがベタ当たり状態です。

ガイドのガタもかなりあります。


ヘッド洗浄をして
ポート研磨作業へと移ります。



この車に使うタービンは、
ブリッツのK5 660R

600ps対応のタービンですが果たしてどれぐらい出るのか?

楽しみです。


hirow124300temb at 21:21ポルシェポルシェ964ターボ 

2014年11月23日

エンジンOHの続き。


コンロッドは、すべて大丈夫そうです。

洗浄後  正確に測定をします。



腰下を分解前にヘッドボルトのスタッドを外します。

すべてきれいに取れない場合が多いです。

この車の場合、
2本が噛みついていて外れませんでした。


これは、機械加工でないと外れません。





スルーボルトを緩めて腰下分解です。

Oリングは、熱でふやけた状態になっています。




腰下部分も特に、異常は、なさそうです。


スラストBGの当たりは少しキツイようです。


クランクも綺麗です。

さーてこれから測定です。


hirow124300temb at 19:41ポルシェポルシェ964ターボ 

2014年11月22日

930ターボのハブBG交換。


930ターボは、カレラとは違い、
リヤのハブBGは、テーパーローラーBGです。

だから、カレラと比べても交換が大変です。

964ターボからは、カレラと共通のBGに戻っているのでどうして930ターボだけが
テーパーローラーなのか?
謎ですね。



リヤハブは、こんな感じ。
この車の場合は、かなりのガタが
出ていました。


いろいろと特殊工具がないと外れません。



フロントは、国産車などのスピンドルタイプと同じですがハブがアルミなのと
レースを抜く為の切り欠きがないので
国産車のように叩いて抜くのはNGです。


ハブを130度に温めて熱膨張を利用して抜きます


今回は、前後ローターも新品に交換します。





hirow124300temb at 20:01ポルシェポルシェ930ターボ 

2014年11月18日


複数の仕事を同時にしているのでなかなかすすまないエンジン分解。


IMG_6787IMG_6788













カムカバーからヘッドボルトが見えますが、折れている様子は、ないので
ほっとしています。


IMG_6789IMG_6791












ヘッドボルトを緩めてピストンシリンダーをヘッドの状態。


IMG_6792IMG_6793












多少,G/Kが伸びていますが、状態は、問題なさそうです。

分解後 精密な測定をして使えるかどうか? 判断します。


IMG_6795IMG_6796













IMG_6802IMG_6804











IMG_6808IMG_6809











ピストンも問題なさそうです。


IMG_6811IMG_6812













コンロッド及び  コンロッドメタルのあたりも綺麗です。



あとは、、、腰下です。




hirow124300temb at 21:40ポルシェポルシェ964ターボ 

2014年11月16日

930 89ターボ。

やっと慣らしが終わり、
これからセッティングです。




とりあえず、昼のうちに下道で
ブーストなどの確認です。


最近は、セッティングにシャーシは、ほとんど使いません。
シャーシで解るのは全負荷の全開状態だけなので中間域のセットは、結局実走が1番です。


夜にセッティングに予定です。


hirow124300temb at 19:15ポルシェポルシェ930ターボ 

2014年11月14日



純正触媒を外して



タービンは、結構真っ白だな。


ここからタービンを外すのが
凄く大変。

というのも普通BBのタコ足のフランジ部分は、凄く狭いので17mmのボルトは使いません。
14mmもしくは、ヘキサゴンボルト
でないとまともに工具がかかりません。

ナットは、ご丁寧に銅ナットを使っているのですがボルトが17mm頭では、、、

どうやって締めたのか?謎です。



結構  エンジンハンガーごと外さないと取れません。

空冷ファンを外すとケース部分は、オイル滲みがかなり酷いです。


この辺りは、年式なりですかね。


hirow124300temb at 20:51ポルシェ964ターボ 

2014年11月11日


エンジン室に入れてエンジン分解中。



エンジンは、フルコン仕様で組み上げるのでKジェトロは、使わなくなります。



964ターボで多いトラブルの一つ。
スタッドボルトとインマニの間が腐食してインマニが取れません。




こんな感じでスタッドボルトが腐っています。

よくあることですが、余計な時間がかかりました。

内部は、なんともなければいいのですが、

今日は、ここまでです。


hirow124300temb at 21:57ポルシェポルシェ964ターボ 

2014年11月10日


Hさん 964ターボ  エンジンフルO/Hです。

この車 、距離も4万キロ台の車両ですが、いままで一度もエンジンをO/Hされていません。

下手なところでO/Hされているよりも
そのほうが逆に安心ですが、、

20141110_010859378_iOS20141110_010909072_iOS













下回りは、現状は、BBのタコ足です。


20141110_020047152_iOS20141110_020104534_iOS












タペットカバーやクランクケースからオイル漏れが確認できます。



20141110_024807062_iOS











964ターボのトラブルの定番箇所 シフトロッドのブッシュですが、、ひび割れていて要交換です。



20141110_044317420_iOS











この車は、純正のエアポンプも付いています。 さすがにベルトは張られていませんが



20141110_044608538_iOS20141110_054111813_iOS












インタークーラーを外すと パイプ類は、結構なオイルです。


また、タービンのL型ホースは、反対向きに付いていたり。


20141110_054117323_iOS

吸入パイプは、ご覧のように潰れて付いています。


ポルシェを知らないところがメンテナンスした場合よくあることなので
特に驚きもしませんが、、、、


20141110_060852957_iOS20141110_060904121_iOS














エンジン脱着。



20141110_083525134_iOS












エンジン室に入れて  これからばらしていきます。






hirow124300temb at 23:16ポルシェポルシェ964ターボ 

2014年11月06日

リベット964。

アイドラーズでクラッチが、滑ってリタイア。
見事に滑っています。


今回は、OSツインプレートクラッチに交換。



カバーの圧力もソフトでなくスタンダード。


600psターボと同じ圧着です。

これでターボ化しても滑る事はありません。






hirow124300temb at 18:43ポルシェOS技研 LSD&クラッチ 

2014年11月03日


参加された皆さんお疲れ様でした。


hirow124300temb at 20:54ポルシェサーキット 
livedoor プロフィール
Archives
Google AdSense
人気ブログランキング
人気ブログランキング


ランキング広告ドットコム



ランキングに参加中です。 1日1回のクリックをお願いします。






メルマガ始めます!
『車、整備.com  スペシャルチューニング!』
(ID:0000180312)
このブログでは大事なことはメルマガでお話します。
ご購読は無料! でひ登録を!
メールアドレスを下記の登録ホームよりご登録ください。

登録フォーム







『まぐまぐ!』から発行しています。
ポルシェ特集!
ベンツ特集!
  • ライブドアブログ