2016年04月30日



次は、993エンジン。


まずは、洗浄から。

ケースのバリ取りとタップ立て。



クランクのラッピング。

エンジン組は、下準備が重要です。



クランクジャーナル径 測定。

これは、オイルポンプ。

964カレラ2からケースがマグに。
964 3.3Lターボまでは、アルミケースでした。

アルミのほうがよかったね。
マグは、分解するのが大変。


しかも、こうやって万力で挟むだけでギヤが回らなくなります。

それぐらいの精度で出来ています。

だから、分解には、細心の注意が必要。


よく国産のチューニングやってるチューナーさんにポルシェエンジンって何が凄い?  と聞かれますが私は迷わずオイルポンプと答えます。

ドライサンプのこのスカベンポンプをポルシェは、70年代のナロー時代から使っていた。

その頃の、国産車のオイルポンプってどうよ、、、、

これだけでもポルシェエンジンの凄さが解るはずです。



コンロッドブッシュは作製入れ替え。


回転部分なので当然磨耗してガタが出ています。

そのまま組むとピストンの首振りの原因となるので要チェック部分です。


993のコンロッドって好きじゃないです。

964までのコンロッドと比べて軽くなり過ぎ。

NAならまだ良いが、これでターボも同じなんて信じられない。


コンロッドボルトは、ARPの強化品へ交換。


クランク部分の組み立て。




組み始めると早いですよ。




hirow124300temb at 19:17ポルシェ993  
プロフィール

hiro

Archives
Google AdSense
人気ブログランキング
人気ブログランキング


ランキング広告ドットコム



ランキングに参加中です。 1日1回のクリックをお願いします。






メルマガ始めます!
『車、整備.com  スペシャルチューニング!』
(ID:0000180312)
このブログでは大事なことはメルマガでお話します。
ご購読は無料! でひ登録を!
メールアドレスを下記の登録ホームよりご登録ください。

登録フォーム







『まぐまぐ!』から発行しています。
ポルシェ特集!
ベンツ特集!
  • ライブドアブログ