2017年02月09日

964ターボ  3.3  エンジン不動車。



エンジン内部点検。


プラグは!!!

ボッシュと デンソーが交互に付いているという不思議な車。


PSホースも工業製品のホースを溶接して
代用されています。

ここは、最大50kほどに油圧がかかる部分なので純正部品に交換です。


新しいオーナーなって
こういった部分も全て新品に交換です。

ポルシェは、現在日本からどんどん車がなくなり現存する空冷ポルシェは、全て高値をキープして価格が下がることがない状態です。

昔は、この車の様ないい加減な修理をプライベートで行われた車が多数ありますが、今後、空冷ポルシェを手に入れる人は本気で生涯乗ろうと思う人がほとんどだと思います。

また、維持するためにはそれなりの予算がかかることも理解された人が新しいオーナーとなって行きます。



ポルシェをメンテナンスする立場の人間から言わせていただくと車が高くなり普通には手が届かなくなった事で、きちんとメンテナンスできる人しか乗れなくなった。
これは、良い事だと思います。

メカニック目線だと まともにメンテナンスも出来ない人には乗ってもらいたくない。

もともと、いい加減に乗る車ではないのです。



エンジンのコンプレッションチェック。



ファイバースコープでエンジン内部を点検。



ピストンの頭は、カーボンが多めに付着してますが、シリンダー側面は、綺麗です。





燃料ポンプフィルター
ホース類  全て新品交換。


ただ、Kジェトロユニットそのものも
腐ったガソリンで固着しているため
中古品で動かす予定ですが、
不具合があった場合は、フルコン制御にする予定です。



hirow124300temb at 18:13ポルシェ964ターボ  
livedoor プロフィール
Archives
Google AdSense
人気ブログランキング
人気ブログランキング


ランキング広告ドットコム



ランキングに参加中です。 1日1回のクリックをお願いします。






メルマガ始めます!
『車、整備.com  スペシャルチューニング!』
(ID:0000180312)
このブログでは大事なことはメルマガでお話します。
ご購読は無料! でひ登録を!
メールアドレスを下記の登録ホームよりご登録ください。

登録フォーム







『まぐまぐ!』から発行しています。
ポルシェ特集!
ベンツ特集!
  • ライブドアブログ