2017年06月13日

ポルシェ M64エンジンの
エンジン組み。



ポルシェのエンジンは、国産車のエンジンに比べてバリは少ないのですが
それでもレースエンジンではないので
多少あります。


エンジンブロックやパーツのバリなんか別に取らなくても性能は変わりません。

だからメーカーも量産エンジンは流れ作業の組み付けなので機械加工されたままの状態がほとんどです。

じゃーどうして真面目なエンジン屋さんは、バリ取りするのか?
それは、バリの中にはそのうち粉となってエンジン内部に落ちてしまいそうなバリもあるからです。

あとは、自分が作業する過程でバリに手を引っ掛けて怪我をしたくない。
これ重要です。
私の師匠がよく言ってました。
客の為にやっているんじゃない。
自分が怪我しない為の仕事をしろと、、、

これエンジンの仕事だけではなく車の整備全般に言えます。

ちょっとしたステーをワンオフで作るときも素人は、ステーの角を切りっぱなし。

でもプロなら必ず切り端は、危なくないようにR加工します。
当たり前です。
そんなものに引っ掛けて怪我したくないからです。

だから、素人が触った車は触りたくない。
世の中には、素人みたいなプロもいっぱいいますからなんとも言えませんが、、、


話がそれてしまいました。

ヘッドの組み付けです。

ナプレックさんの強化バルブSPとクロモリリテーナー。
セット長合わせをして組み付けです。

クランクジャーナルも念のため計測。


腰下完成。

あとは、少し加工待ちです。





hirow124300temb at 20:25ポルシェ964ターボ | ポルシェ993 
livedoor プロフィール
Archives
Google AdSense
人気ブログランキング
人気ブログランキング


ランキング広告ドットコム



ランキングに参加中です。 1日1回のクリックをお願いします。






メルマガ始めます!
『車、整備.com  スペシャルチューニング!』
(ID:0000180312)
このブログでは大事なことはメルマガでお話します。
ご購読は無料! でひ登録を!
メールアドレスを下記の登録ホームよりご登録ください。

登録フォーム







『まぐまぐ!』から発行しています。
ポルシェ特集!
ベンツ特集!
  • ライブドアブログ