2017年07月19日



LINK  のオイルセンサーのキャリブレーション。

ボッシュ製ですのでスタンダード設定ですが、


高温では、若干のずれがあるのですが
極端なずれはありませんでした。

と言うことは、
本当に油温が150度になった???
と言う事です。


その原因は、こいつでした。

オイルクーラーのサーモスタット

試しに車をアイドリングさせると
油温がどんどん上がります。

通常は、LINK  で油温90度で電動ファンを回す設定にしていますが電動ファンは回るのですが、肝心のオイルは回ってこない。


サーモスタットは固着していて
本体を外さないと分解不能でした。


試しに、バーナーで炙って見ましたが
反応無し。


新品に交換です。

データロガーだとサーキットの1本目は大丈夫で2本目で動かなくなった感じです。

怖いですね〜〜

これ筑波1000じゃなくて富士だったら
完全にエンジンブローです。

フルコンの回転リミッターが働いたからドライバーが走行を辞めた。

もし、リミッターがないノーマルECUだったらアウトです。


今回の件で、思いました。
ECUのエンジン保護設定は、少しきつめに設定した方が良いと。

今回みたいなまさかの事態は、
サーキットだとドライバーは、気付けません。

レースだと尚更です。

エンジンを壊すより
車を走れなくすることの方が重要です。

それが、今のフルコンには、出来ますからね。




hirow124300temb at 20:49ポルシェ964 | Link 
livedoor プロフィール
Archives
Google AdSense
人気ブログランキング
人気ブログランキング


ランキング広告ドットコム



ランキングに参加中です。 1日1回のクリックをお願いします。






メルマガ始めます!
『車、整備.com  スペシャルチューニング!』
(ID:0000180312)
このブログでは大事なことはメルマガでお話します。
ご購読は無料! でひ登録を!
メールアドレスを下記の登録ホームよりご登録ください。

登録フォーム







『まぐまぐ!』から発行しています。
ポルシェ特集!
ベンツ特集!
  • ライブドアブログ