ポルシェ

2017年04月29日



去年の年末からオールペンしていた964ターボが完成しました。



外装と内装のオールペンです。



この964ターボ。

エンジンフルOH。
LINKフルコン  
同時点火  シーケンシャル噴射。
ノックコントロール制御。
という現在の911と同じ制御方式の空冷ターボです。


今後は、この964ターボがウチの964ターボのチューニングメニューとしてはスタンダードになると思います。


内面も外面も綺麗になった964ターボ。
外装のオールペンは、GT300車両なども影で支える知り合いの鈑金屋さんで行いました。



可変マフラーでご近所の騒音問題もクリア出来る仕様になっています。


この車が今後の964ターボのスタンダードになると思えます。



hirow124300temb at 22:50 

2017年04月23日



ポルシェ930  4速ターボ。

やっと、ツインプレート用の
スリーブが完成。


ワンオフなので色々時間がかかっています。

着けて確認しては無駄な部分を削っての繰り返しです。



なんとか、装着可能なレベルまできました。


この車は、ノーマルのディスビのセンサーを使うのではなくFWにセンサーを着けて使います。
理由は、ノーマルのディスビだとエンジン1サイクルで12山。
でもクランクから取れば964以降の車と同じ60山の欠歯2 の信号が取れます。

この方がフルコンの場合、
きめ細かな制御とゆくゆくの
同時点火まで可能となります。


こちらも、ツインプレートクラッチにすることの利点です。



エンジン搭載前に
フルコンにするのでいらないパーツを撤去。



燃料ホースはかなりの劣化が見られます。

切って中を確認すると中にまでひび割れが進んでいます。

930ターボは、30年選手がほとんどなので注意が必要です。




hirow124300temb at 19:11 

2017年04月19日

964カレラ2


2年ほど前にエンジンOHとフルコン作業をした車です。

今回は、最終目標であるターボ化へ向けてまずはブレーキを強化。


964ターボ  3.6Lのターボキャリパー
通称  赤キャリです。



ローターの触れを確認。


5/100 振ってると残念な感じですが
この車は、2/100  なので優秀です。



赤キャリ   かっこいいですねー。


足もSPRITの車高調に交換済みです。


ECUはEMSフルコンです。



ターボ化への準備が、着々と進んでいます。



hirow124300temb at 19:54 

2017年04月17日

964ターボの車検です。



見た目は、ノーマルぽいですが、
この車 中身は凄いです。



ギャレットボールベアリングタービン
CTRカム   EMSフルコン
可変マフラー。
足は、SPRIT車高調。


ブレーキは、ブレンボ6ポット。
350mmローター  BBSマグホイールの組み合わせです。

一通り手が入っています。



アライメントの調整。


ガス漏れチェック後。
エアコンガスを入れてます。


見た目は、おとなしいが中身は本物。

大人の964ターボです。






hirow124300temb at 19:38 

2017年04月12日



930ターボ。

クランクのフロントオイルシールも
オイル漏れしていたので交換。


空冷ファン。


こちらも、インタークーラーを止めるステー部分が割れているので中古品と交換です。


クランクケースのボルト穴もネジがダメになっているのでヘリサート加工です。


タービンオイル回収タンク
新規作成です。



LINKフルコン作業の準備。


インジェクターは、サードの12ホールを使います。


あとは、配線作業です。




hirow124300temb at 20:59 

2017年04月06日



930ターボ   

Kジェトロがとうとう壊れてアイドリング不調でフルコン作業の為入庫。


サーキット車両の為の
今回は、同時にカム交換  タービンを964ターボ用をハイフロー加工

フルコンは、LINKのstormを使います。


空冷ファンのBKが捥げていたり色々問題ありです。


カムは、CTR  

タービンは、964ターボハイフローです。
右がノーマル930タービンですが
見た目は、あまり変わりませんが性能は
全く違います。


LINKフルコン  + 964ハイフロータービン
+  CTRカムです。

ノーマルベースだと最強の組み合わせですね。


hirow124300temb at 09:38 

2017年04月03日

ポルシェ930の915MT  OHです。


ポルシェ911には、大きく分けると2種類のMTがあります。

ナローから930カレラ  86年までの915MT。

そして、930ターボ  88年までの4速ターボのMT。

これらが、ポルシェシンクロと言われるMT。

そして、それ以降の911は、G50系のボルグワーナーのMTです。



ポルシェシンクロは、乗ったことがある人は解ると思いますが、MTのどこに入っているのか?
解らない感覚の独特のMTです。

それに比べて、G50系のMTは国産車と同じMTです。


ポルシェシンクロがきちんと乗れてこそ本当のポルシェ乗りだと私は思います。


逆に、ポルシェシンクロの車を乗りこなせればどんなMTでも大丈夫だと思います。

これからは
ますます、少なくなるのでしょうね。

本物のポルシェ乗りが、、、、


hirow124300temb at 20:51 

2017年04月01日


ポルシェ930ターボ

4速ターボです。


RWBボディーのこのターボ。

下が、964ターボのナローボディー
どれだけワイドか?
わかりますよね。



今回は、Kジェトロが壊れた為。
LINK フルコン仕様にします。

後は、ついでにカム交換とタービンを964ターボの物をハイフロー加工して使います。

930ターボは、カムシャフトとタービンがノーマルは、ダメなのでこの辺りを見直してあげるだけでもかなり速くなります。



パワーが上がれば当然クラッチも持たなくなるので今回は、ツインプレートクラッチを着ける為のBGスリーブをワンオフで作成します。


これが、完成すれば4速ターボにも
OS技研やATSのツインプレートクラッチが付けられる様になりますので4速ターボの方はもう少しお待ちください。



タービン周りの遮熱板は、ターボの熱により腐っています。
この辺りも新品交換ですねー。




hirow124300temb at 19:36 

2017年03月30日



ポルシェ964ターボのポート加工をやっています。

これが終わらないと加工に出せません。



964ターボのノーマルポートは、3Lカレラと同じです。

だからポート加工も広げる面積が多くて大変です。



これだけで、丸3日間ぐらいかかります。



さすがに疲れる作業ですが、1番手を抜けないところでもあります。




hirow124300temb at 21:16 

2017年03月23日



フルコン作業を進めていた964ターボ。

エンジン始動させると
エンジンから異音が、、、、

排気が漏れる音、、、、
まさかの


ヘッドボルト折れ。

しかも、1本2本じゃなさそうです。



不動車の中古車って怖いです。
でも、この車の場合 確信犯的な感じがします。


とりあえず、エンジンを分解。


シリンダーの隙間から排気が吹き抜けた跡が、


予想通り、G/Kが吹き抜ける寸前です。



折れていたヘッドボルトは、合計7本。

でも、ポルシェは、この状態でもコンプレッションチェックだと普通に数値が出ます。

エンジンが爆発した圧力とセルモーターで回して点検するだけの圧力だと違いがあるからです。



この状態の車を数年前は、普通に動いていたと言って販売するのは如何なものか?

中古車って怖いですね。



hirow124300temb at 20:42 
livedoor プロフィール
Google AdSense
人気ブログランキング
人気ブログランキング


ランキング広告ドットコム



ランキングに参加中です。 1日1回のクリックをお願いします。






メルマガ始めます!
『車、整備.com  スペシャルチューニング!』
(ID:0000180312)
このブログでは大事なことはメルマガでお話します。
ご購読は無料! でひ登録を!
メールアドレスを下記の登録ホームよりご登録ください。

登録フォーム







『まぐまぐ!』から発行しています。
ポルシェ特集!
ベンツ特集!
  • ライブドアブログ