ハイエース

2017年08月02日


今日は、ハイエースのファイナルギヤの話。


20170802_011807419_iOS












これは、ハイエースだけではなくほかの車も同じです。

ハイエースのファイナルギヤは、同じ車種でもすごくいっぱいあります。


下から  3.5  3.7  3.9  4.1  4.3 .4.5  4.8   5.1

という具合です。


これらを車種ごとにいろいろ設定しています。

メーカーってすごいね。


ちなみに

ガソリンの2L ATが  5.1   MTが 4.8

ガソリンの2.7l  ATが 4.1   

ディーゼルの 3L  ATが  4.3

などといろいろ車種ごとに違います。


20170802_011818436_iOS












この数値は、写真のリングギヤの数をピニオンギヤの数で割れば計算できます。

割り算なので記載したようなぴったりな数値には、来ません。

例えば5.1なら正確には5.125です。


この数値は、車の駆動輪  ハイエースならFRなのでリヤ側のタイヤが1回転するのに
プロペラシャフトが回った回数です。

5.125ならタイヤが1回転回るのにプロペラシャフトが5.125週しています。

だから、自分の車のファイナルギヤを調べるには車載だとタイヤを1回転回した時のプロペラシャフトの回る回数でおおよそは、解ります。


3回転半   回れば  3.5

4回転と   2分の一 回れば  4.25  などという具合です。

これは、MTも同じです。

ヤフオクなどで訳のわからないMTを買ってきた場合、
メインシャフトを回してアウトプットの回転数でおおよそのギヤ比が解ります。


20170802_011927311_iOS












ウチでは、ハイエースにLSDを着けるときに、同時にファイナル交換が流行りです。


例えば、2L ATの 5.1の場合 MT用の4.8に交換します。

なぜ??こんな事をするのか?

それは、4.8にローギヤ―化することで高速走行のエンジン回転数を抑えることができ
燃費が良くなるからです。

100kmで 3000rpmで走っていたのが  2700rpmになればとうぜん燃費は、良くなります

これが案外バカに出来なくて  交換した人は、ほぼ燃費が3-4km 良くなったと評判です。


でも、不具合は、ないのか???


確かに、ローギヤ化すれば発進の出足は、悪くなります。
でも、それはよーいドンして比べたらの話です。

普通に乗る分には、まったく分からないレベルです。


20170802_013122241_iOS












あとは、LSDの必要性。

LSDが入っていない車をジャッキUPしてエンジンを掛け、、、タイヤを回してみれば解ります。

LSDレスの車は、どちらか? 駆動しやすい側のタイヤしか回りません。

試しに回っているタイヤを足で止めると今まで回っていない方のタイヤが回ります。

要するにLSDがない車は、普通に走行しているときもどちらかトラクションを伝えやすい駆動でしか
走行していません。

だから、横風などを受けると車がフラフラします。

これは、トラクションが右 左  やっぱり  右  などという風に伝わるからです。

これを無くすのがLSDの役目です。


じゃーどうしてメーカーは、最初からすべての車にLSDを付けないの???

と思いますよね。

これにも、理由があります。

メーカーが販売する車は、老若男女 誰が乗っても快適でなければなりません。

LSDは、その性質上  独特の音が出たり、、小回りが利かなかったりします。

メーカーの車は、クレームが出てはいけない。


だから本当は、LSDを付ければ走行性能が良くなるのは、解っていてもある一部のスポーツカーを除いては付けられないのです。

これが現状です。

ポルシェ964

でいえば、、、ターボは、標準装備、、、でもNAは、オプション設定でした。

ポルシェ程のスポーツメーカーでもこんな感じです。

まあーー確かに、、LSDついてる車を何も知らない奥さんが乗ったらクレームが出ます。


自動車メーカーって大変だなーーーー


今日は、ファイナルギヤとLSDのうんちくでした。





hirow124300temb at 21:45 

2017年03月21日



これなんだか?解ります?

OS技研さんのスーパーロックLSD。
ハイエース用。

5年程前に装着して装着後
17万キロ。



このハイエース。
デフから音がすると入庫。

さすがのOS  LSDも17万キロだとさすがに限界か? と 思って分解すると。

音の原因は、LSDではなくてこいつ。



ファイナルギヤのピニオンBGが
ズタズタに。
これが異音の原因でした。


LSDはと言うと。



写真の様に、多少のプレートの擦れはありますが、目に見えた劣化は無し。

OS技研  スーパーロックLSDは
ディスクプレートが片側12枚
トータル枚数  24枚。

中身を見るとよくこのケースの中にプレートを24枚も入れたよな〜と思います。

これが、脅威の耐久性を実現出来た理由ですね。



例えば、一つの製品を高性能に作る事は簡単。
でも、その製品を5年間 同じ品質で維持するとなると話は別です。
エンジンをOHしてオイルが漏れないのは当たり前。
でも、それが5年先でもオイルが漏れず壊れないで走り続けるというのは全く別の次元になります。
レースの世界だと速い車を作るのは簡単。
でも、ルマン24時間に勝てる車を作るのは容易ではありません。


宮大工の世界のように技術の本当の評価って時間が経ってはじめてわかるものだな〜と最近思います。



こういうパーツが日本製というのはいいですね。

ウチのデモカーのポルシェ964ターボや930
ドリ車の90クレスタにも使っていますが、良いものにはやはり理由があると言う事ですね。



hirow124300temb at 21:18 

2016年12月21日

この時期は、年末モードです。



朝から、ハイエースのLSDを、、、



午後からは、ハイエースのLSD&ファイナルギヤ

ダブルヘッダーです。


964ターボは、
マフラーの素材が来たので可変マフラーの作成。


もう1台の964ターボは、


フルコンの配線作業。

明日も休日返上でお仕事です。




hirow124300temb at 21:28 

2016年11月25日


200系ハイエースのキャンピングカー

OS技研チャレンジSPC LSD
&ファイナルギヤ  4.8の取り付けです。



走行距離 3000kmのほぼ新車です。
キャンピングカーは、車高2700mmもありますので横揺れに弱いです。
でもLSDを入れると横風に強くなります。
これは、ノーマルオープンデフの車は、FRの場合直線を走っている時でも左右のどちらか駆動のかかりやすいタイヤでしかトラクションをかけていません。

極端なことを言えば右側のタイヤでしか走っていない場合や左側のタイヤでしか走っていない場合があります。

だから、横風などの不意の時に非常に弱いです。

LSDが入った車は常にトラクションが抜けた方の駆動輪にもプレートが働きトラクションが掛かります。

だから、不意の横風にも強いのです。


ウチは、基本ポルシェ専門店ですが、
ハイエースのLSD&ファイナルギヤは
昔からやっています。
それは、昔レース用のトランポとしてハイエースを使っていた時に由来します。



今では装着実績 100台以上という
事になっています。
お陰様で、作業時間もファイナルギヤまで交換して2時間弱という速さです。

だから、地方からのお客さんも多数来られます。

今日のお客様は、山梨県からでした。
最南は、四国です。

本当にありがたい事です。




hirow124300temb at 20:31 

2016年11月19日


この時期になると多い
ハイエースのLSD&ファイナルギヤです。



今回は、愛知県から来られました。

キャンピング仕様のハイエースです。




左がOS技研LSD&3.9ファイナル
右が純正デフ  4.3ファイナルです。



ハイエースのファイナルギヤは、
3.5から  5.125まで複数存在します。


ハイエースの場合
ファイナル交換の目的は
高速巡航の時の燃費の上昇です。

同じ100kmで巡航するにも
エンジン回転が3000rpmと
2500rpmでは全然燃費が違います。

思った以上に変わりますよ。

あとは、LSDを入れた事で雪道や悪路でもスタックしなくなります。

高速の横風にも強くなります。

今まで行けなかったスキー場の上にある温泉まで行けた、、、、と良く言われます。



もう100台以上やったと思いますが
仕事早いです。

2人でやった場合、ファイナルギヤまで組んで2時間弱です。

地方から来られる方でも、午前中に終わり午後は観光して帰られます。

これからの時期は、依頼が多い作業です。




hirow124300temb at 20:27 

2016年02月21日

この時期は、やっぱり多い
ハイエースのLSD取り付け。



年間でも、1月ー3月が断トツに多いです。



LSDは、利き方を変更したチャレンジspcです。

もうトータルで100台以上のハイエースに取り付けています。

ファイナル交換も同時にやられる方も多くこちらも人気です。


高速走行が多い方は、燃料が良くなりますよ。

こちらは、S14  シルビアのデフ

クスコのRSです。


ハイエースとシルビアのデフ。

見比べてみればどちらがケース剛性が高いか一目瞭然です。

ちなみにAE86は、ハイエースと全く同じ造りのデフケースです。

デフが、ケースの中にすっぽり覆われるシルビアに比べてハイエースは、デフのほとんどがケースの外です。

これじゃ、剛性は、出ません。
リヤホーシングの足回りのデフは、この様な造りしか出来ないのでレースなどには不向きです。

今は、トラックかハイエースなどのバン車両にしか使われていません。

まあーサーキットを走るわけではないのでこれでも十分なわけです。



hirow124300temb at 19:17 

2014年08月06日



100系 ハイエース のLSD&ファイナルギヤ。


100系のハイエースグランドキャビン。  1RZのデーゼルエンジンは、
都心部では、排ガス規制で現在は乗ることが出来ない車です。


でも、このエンジンが歴代ハイエースの中でも最強だと未だに思えますね。


200系の現在のデーゼルターボよりも全然速いです。


20140803_003357371_iOS












今回は、この100系に200系の3.7ファイナルの組み合わせ。


LSDは、OS技研スーパーロック チャレンジSPCです。


20140803_003411104_iOS20140803_033754805_iOS













100系に3.7ファイナルの組み合わせは初めてですが、コンパニオンフランジなどのパーツを
200系に交換すれば取り付け可能です。


走行距離29万キロのハイエース。

まだまだ現役なところが流石ですね。




hirow124300temb at 23:31 

2013年12月25日

今年最後のハイエースLSD&ファイナルギヤです。


今までの装着台数を数えたら
50台は超えています。


画像1



もちろん、チャレンジオリジナルSPCです。


画像1



一人でやっても3時間以内に終わります。

二人だと今までの最高記録1時間半です。


ハイエースには絶対必需品ですね。

hirow124300temb at 20:33 

2013年11月19日

久々にハイエース。

この時期になると多いです。


画像1



OS 技研スーパーロックLSD。

チャレンジSPCです。


画像1



ポルシェ屋ですがハイエースのデフ組みはやってます。

その取り付けスピードは、
日本1だと思います。

hirow124300temb at 20:52 

2008年09月17日

ハイエースのLSD取り付けとファイナル交換をしました。




LSDは、定番であるOS製





ファイナルは、今回は、ガソリンで2.7Lワイド  4.3から3.9に変更です。




続きを読む

hirow124300temb at 18:32 
livedoor プロフィール
Archives
Google AdSense
人気ブログランキング
人気ブログランキング


ランキング広告ドットコム



ランキングに参加中です。 1日1回のクリックをお願いします。






メルマガ始めます!
『車、整備.com  スペシャルチューニング!』
(ID:0000180312)
このブログでは大事なことはメルマガでお話します。
ご購読は無料! でひ登録を!
メールアドレスを下記の登録ホームよりご登録ください。

登録フォーム







『まぐまぐ!』から発行しています。
ポルシェ特集!
ベンツ特集!
  • ライブドアブログ