ポルシェ964

2017年07月21日



964カレラ2   LINK   stormフルコンで
OBD2  カプラーの作製です。


汎用カプラーを使い



こんな感じに取り付けです。


早速、使わなくなった
iphone 5プラスでテスト。


これな感じで負圧  油温   吸気温などが
見れます。

こちらは、86メーター風。

こちらは、レースパック風です。

レースパック風は温度表示が華氏なので却下です。

こんな風に遊べてなかなか面白いです。

最後は、本物のOBD2診断機
オーテルマキシスでも見れるのか?
チェック。


当然ですが、見れます。

動画

こんな感じで動きます。

ただ、OBD2からwifi経由でIPhone へ
経由されるのでレスポンスは良くないのでタコメーターなどには不向きです。

あくまで、油温  水温  吸気温などの動きが少ないセンサーを見るには良いかもです。

最近のフルコンは、昔の物とは違い色々進化しています。

フルコンも第2世代へ突入といった感じです。

旧車オーナーには、喜ばしい事ですね。





hirow124300temb at 17:23 

2017年07月19日



LINK  のオイルセンサーのキャリブレーション。

ボッシュ製ですのでスタンダード設定ですが、


高温では、若干のずれがあるのですが
極端なずれはありませんでした。

と言うことは、
本当に油温が150度になった???
と言う事です。


その原因は、こいつでした。

オイルクーラーのサーモスタット

試しに車をアイドリングさせると
油温がどんどん上がります。

通常は、LINK  で油温90度で電動ファンを回す設定にしていますが電動ファンは回るのですが、肝心のオイルは回ってこない。


サーモスタットは固着していて
本体を外さないと分解不能でした。


試しに、バーナーで炙って見ましたが
反応無し。


新品に交換です。

データロガーだとサーキットの1本目は大丈夫で2本目で動かなくなった感じです。

怖いですね〜〜

これ筑波1000じゃなくて富士だったら
完全にエンジンブローです。

フルコンの回転リミッターが働いたからドライバーが走行を辞めた。

もし、リミッターがないノーマルECUだったらアウトです。


今回の件で、思いました。
ECUのエンジン保護設定は、少しきつめに設定した方が良いと。

今回みたいなまさかの事態は、
サーキットだとドライバーは、気付けません。

レースだと尚更です。

エンジンを壊すより
車を走れなくすることの方が重要です。

それが、今のフルコンには、出来ますからね。




hirow124300temb at 20:49 

2017年07月17日



ほぼ、1年前にエンジンOHした  Oさん964カレラ。

今回は、アライメント   LINK  のセンサー校正などで入庫です。



先日、TC1000を走行中 レブリミッターが作動。
ロガーでチェックすると油温がなんと150度。
でも純正油温計は  130度ぐらいの位置だった様なのでLINK  側の油温センサーの校正のずれの可能性あり。



あと 下回りを点検していると
オイル配管が、、、、
潰れています。


クランクケースも傷が、、、、

オーナーさんに確認。

どうやら駐車場のタイヤ留めにひかかったらしい、、、、

こいつが原因で油圧低下してなければいいですが、、、、

とりあえず、オイル配管は、中古の取り置きがあったと思い探すと見つかりました。

こいつ新品で買うとめっちゃ高いのでとりあえずよかった。

捨てないで良かった。


あとは、ドライブシャフトブーツからグリス漏れ。

この車、以前からポルシェ用じゃないドライブシャフトブーツが付いていました。


こちらが、純正のブーツ。

今回は、残りの3箇所も純正ブーツ交換します。



あとは、コーナーウエイトをとってのアライメント。

コーナーウエイトは、厳密には、スタビのロッドが調整リンクでないと正確には取れませんが、簡易的な調整は非リンクでも出来ます。


結構狂っています。

ちなみにこれ  ポンド表示ですので
0.453を掛けて下さい。

車重  1158K  です。


あとは、今回LINK  でOBD2カプラーを作りI phone などで表示出来る様にします。


こんな感じに


これは、昔、ウチの964ターボで試験的に動かしたものです。

タコメーターなどの動きが早い部分ではなく油温やセンサー類を見るには十分使えます。

トラストなどのOBD2専用モニターを使えばもっといいかもしれません。

964などの古いポルシェでもLINK  フルコンを使えばCAN通信によりOBD2 機能が使えます。

時代は、変わったな〜〜〜って思いますね。






hirow124300temb at 18:13 

2017年05月30日



久しぶりのブログ更新です。

ブログ掲載不可の作業が多かったので
更新していませんでした。


色々、忙しくやっています。


こんな事や



こんな事。



こんな事。

ブログ掲載不可の方は、
入庫の際にお知らせください。

最近は、SNSが盛んでなんでも情報が入るので昔と比べて素人でもプロレベルでうんちくが語られています。

でも本物の情報って、、、
ごく僅かです。

当たり前ですよねーーー

本物のプロが、本当に見せたくない情報をブログになんかに書く訳ないです。

当たり前の事です。


今回は、964カレラ2に
HAL SP


最近、流行りみたいです。
同じバネレートでもバネの反発によりハードと
ミィデアム   ソフトがあります。

今回は、低反発を使います。


良いのか?  悪いのか?

実際に走らせないと解りません。

結果が全ての世界ですから、、、、

ある意味楽しみですね。



hirow124300temb at 21:55 

2017年05月12日



930ターボのLINKフルコン
色々試しています。

今回は、ツインプレートクラッチなので
60山タイプ。

ノーマルのセンサーは、
ディスビ内蔵のこのタイプ。
このタイプだと 930ターボはいいが
964ターボだと問題ありそうです。


964ターボエンジンの下処理。




996cup  MT  OH

cupのMTは、いつ見てもよく出来てます。
普通のGTー3とは、ギヤ比だけではなく
色々な部分が違います。

こちらは、964カレラのファンハブ交換。



ベルトも新品にして

完了です。



hirow124300temb at 20:34 

2017年05月05日



今日は、仕事です。

会社にはいませんが仕事です。

964カレラ  のダイナパックセッティングです。


今までかなりの安全マージンを取って走らせていましたが今回は、ダイナパックで本格的に煮詰めます。


ダイナパックは、今回もリードさんでお借りしました。
流石にポルシェのNAエンジンは、ロータリーよりもうるさいらしくかなりの大きめのサイレンサーを装着。

これでも最後には、お巡りさんが登場しました。
たぶんCUPカーだとアウトですねー。

ターボフェンダーの為  
超ワイドトレットスペーサーを着けて
やっとフェンダーに当たらないレベルです。


安全マージンの現状のデータでとりあえずパワー計測。

273ps   補正係数1.0なので
シャーシだと  308psぐらい。

まー悪くない数値ですが
ここから限界すれすれまで追い込みます。

空冷ポルシェは2バルブエンジン。
シングルカム
2バルブNAエンジンのリッター馬力の限界が
リッター80馬力と言われています。

ツインカム4バルブNAエンジンの様にリッター100は、まず無理です。

これは、燃料にガソリンを使った場合の限界数値です。

この 964は、3.8L  6スロ  フルチューン
LINKフルコン シーケンシャル噴射 ダイレクト点火です。
3.8Lの2バルブNAエンジンの場合
3800×0.8=  304PS

これが、理論上の限界数値です。

メーカースペシャルモデルの
964RS  3.8Lも   993RS  3.8Lも共に
メーカー公表馬力は、300psです。

世の中には、理論上の限界を超えた嘘800PSがいっぱいいるという事です。(笑)


結果。


305ps   ほぼぴったりの数値です。

シャーシだと  345ps相当。

車重 1100k台の車なので必要十分なパワーだと思います。

これで筑波のバックストレート
190km出ればなーと思います。

ちなみに、996cupで 筑波のバックストレート 190kmです。

後は、きちんと乗りこなせれば
かなりのタイムが期待できます。

頑張ってもらいましょう。




hirow124300temb at 20:33 

2017年04月19日

964カレラ2


2年ほど前にエンジンOHとフルコン作業をした車です。

今回は、最終目標であるターボ化へ向けてまずはブレーキを強化。


964ターボ  3.6Lのターボキャリパー
通称  赤キャリです。



ローターの触れを確認。


5/100 振ってると残念な感じですが
この車は、2/100  なので優秀です。



赤キャリ   かっこいいですねー。


足もSPRITの車高調に交換済みです。


ECUはEMSフルコンです。



ターボ化への準備が、着々と進んでいます。



hirow124300temb at 19:54 

2016年11月16日

964ターボ  のMT  OH



MT  OHが続きますが、
MTは、少し入りが良くないと思った時がOH時期です。

それ以上引きずって乗っていると
ギヤシンクロだけで済むところがギヤ交換になったりベアリング交換になったりします。



ポルシェのMTパーツは、高価です。

例えば、3-4速のシンクロスリーブがダメになるとこちらは、セットでしか出ないので10万円以上します。

しかも、このパーツは、本国欠品ですので納期未定となります。


あとは、ベアリングは、高いもので普通に5万円程度します。
GTー3などの6速MTは、さらに高価です。


だから早めのOHが必要です。

ちなみにターボとNAでは、ギヤ比も強度も違います。

ターボは
デフのリングギヤが一回り大きく
メインシャフトもNAは、先端がくびれて細いのですがターボは太いままです。


NAをターボ化するとこの部分ボッキリ
なんてことが、昔ありました。

ノーマルは、良く考えられています。


hirow124300temb at 21:03 

2016年11月11日


964カレラ2のMT  OH


アイドラーズポルシェDAYの
決勝で壊れました。




症状は、4速ギヤに入らない。




原因は

3-4速ギヤのスリーブの破損。



4速のシンクロがスリーブに噛み込んで
粉々に。


4速シンクロもRS用の鉄シンクロに交換します。





hirow124300temb at 20:45 

2016年11月04日


964  RSR  6スロ。




RSR6スロは、昔に964 993RSRが使っていた物とほぼ同じタイプの6スロです。

この6スロの特長は、ファンネルむき出しではなくチャンバーが作くということ。
レゾナンスフラップも左右バンクに付きます。


本当は、吸入口は、後ろ側に付きますが、今回は、水冷CUPカーのようにフロント側につけます。

理由は、この方がカッコいいからです。


とりあえず、チャンバーレスでエンジンを掛けて、同調調整。

アクセルワイヤーもRSR用に変更が必要。



6スロの素晴らしいところは、
どんなにハイカムでも1000rpm以下で普通にアイドリングします。

この車は、LINKフルコンの
独立点火のシーケンシャル噴射。
朝1のエンジンかけ始めは、900rpmで普通にアイドリングします。
カムのオーバーラップが30度以上ある車とは思えないぐらいです。

6スロにする前のエンジンかけ始めの回転数は、、、
アイドルコントロールバルブを使って
1700rpmでした。

それぐらい違います。


時間がないので
真昼間から、少しセッティング。


なんとかアイドラーズポルシェDAYに間に合いました。



hirow124300temb at 18:07 
livedoor プロフィール
Archives
Google AdSense
人気ブログランキング
人気ブログランキング


ランキング広告ドットコム



ランキングに参加中です。 1日1回のクリックをお願いします。






メルマガ始めます!
『車、整備.com  スペシャルチューニング!』
(ID:0000180312)
このブログでは大事なことはメルマガでお話します。
ご購読は無料! でひ登録を!
メールアドレスを下記の登録ホームよりご登録ください。

登録フォーム







『まぐまぐ!』から発行しています。
ポルシェ特集!
ベンツ特集!
  • ライブドアブログ