996ターボ

2016年11月23日



996ターボエンジン。


インテーク側にバリオカムを搭載しました。

ポルシェの可変バルブタイミングです。



インテークのカム山が3つの山からなります。
普段は、左右のカムがリフターを押しバルブを動かしていますが可変タイミングで真ん中のリフターが飛び出しそれを真ん中のカムがリフトさせるという複雑な作りです。



996ターボには、インマニのレゾナンスフラップは、ありません。

写真の用にブースト圧による抜け防止のステーになっています。

バリオカムとツインターボの組み合わせなので可変インマニなどは必要ないということです。

そして、GTー1クランクの特徴である
各シリンダーごとにピストンシリンダが分解出来ます。




空冷ポルシェがそうであるように
例え1気筒だけ不具合が出てもその気筒のみシリンダーを交換出来ます。

これが、普通のカレラと大きく違うところです。

996カレラやボクスターのエンジンは、1シリンダーがダメになった場合でもクランクケースASSY交換となります。

サーキット走行を考えた場合
どちらが有利なエンジンか???
考えれば分かります。

991GTー3がGTー1クランクをやめた後も991CUPカーは、GTー1クランクを使い続けた。

その理由は、サーキットを走る人へのポルシェの優しさではないでしょうか?


メンテナンスコストは、最低限に抑える。

空冷ポルシェが今でも人気であるのは
メンテナンス制が良いからです。

だからサーキットを本気で走る人が選ぶポルシェは、GTー1クランク搭載の
空冷ポルシェ全車種
水冷ならターボ   GTー3  GTー2  CUP
と言うことになります。

初期投資は、どの車も高いですが、
それなりの価値が必ずあります。

人気車種には、それなりの理由があると言うことです。











hirow124300temb at 21:13 

2016年11月22日



996ターボエンジンです。



実は、このエンジンは、訳ありで
中身はかなりヤバイ状態です。





うーーーん
って感じです。




水冷ツインカム4バルブ ツインターボ。

しかも、ポルシェのフラッグシップカーのターボです。




各部の作りは抜群にいいです。

さすがポルシェ
さすがターボです。


996以降  空冷から続くGTー1クランクを
使うのはGTー3  GTー2  ターボ  CUPカー
のみとなりました。

通常のカレラは、ウエットサンプに、、、


水冷買うならこの4車種以外は買うな!!
これは、ポルシェをよく知る人の常識です。


でも、時代の流れで991GTー3やターボは
GTー1クランクでなくなり。
GTー1クランクを使うのは現行CUPカーのみとなりました。

そのCUPカーも来年からGTー1クランクでなくなります。

そして、RSRは、ミッドシップに、、、、

伝統のRRまでなくなるということか?


なんだか寂しい話ですね。





hirow124300temb at 21:32 
livedoor プロフィール
Archives
Google AdSense
人気ブログランキング
人気ブログランキング


ランキング広告ドットコム



ランキングに参加中です。 1日1回のクリックをお願いします。






メルマガ始めます!
『車、整備.com  スペシャルチューニング!』
(ID:0000180312)
このブログでは大事なことはメルマガでお話します。
ご購読は無料! でひ登録を!
メールアドレスを下記の登録ホームよりご登録ください。

登録フォーム







『まぐまぐ!』から発行しています。
ポルシェ特集!
ベンツ特集!
  • ライブドアブログ